11≪ 2019/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-01-17 (Mon)
『 虹の橋 』


天国の
ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は
死ぬとそこへ行くのです
そこには草地や丘があり
彼らはみんなで走り回って遊ぶのです
食べ物も水もたっぷりあって
お日さまはふりそそぎ
みんな暖かくて幸せなのです

病気だった子も年老いていた子も
みんな元気を取り戻し
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も
元のからだを取り戻すのです
…まるで過ぎた日の夢のように

みんな幸せで満ち足りているけれど
ひとつだけ不満があるのです
それは自分にとっての特別な誰かさん
残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと…

動物たちは
みんな一緒に走り回って遊んでいます
でも
ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり
遠くを見つめます
その瞳はきらきら輝き
からだは喜びに震えはじめます

突然その子はみんなから離れ
緑の草の上を走りはじめます
速く
それは速く
飛ぶように
あなたを見つけたのです
あなたとあなたの友は
再会の喜びに固く抱きあいます
そしてもう二度と離れたりはしないのです
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します
そしてあなたは
信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです
あなたの人生から長い間失われていたけれど
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を

それからあなたたちは
一緒に「虹の橋」を渡っていくのです…






17日深夜、実家のわんこ「はな」が旅立ちました。
マルチーズとポメラニアンのMIXの子でした。
はーちゃん  はーちゃん 
サマーカットしているときとしていないときの写真で
どちらもおんなじはーちゃんです。

かかりつけの獣医さんは、心臓が元々弱いから
手術は難しいとのことで、薬でなんとか回復をと願ってきましたが
とうとう逝ってしまいました。
他の病院に連れていった方がよかったのか?もっと何かしてあげることが
できたのではないかと、後悔の念が押し寄せてきています。

上の『虹の橋』は、原作者不詳のまま、たくさんの動物のサイトに
伝わっている詩なので、動物を飼っている方の中には知っている方も多
いと思いますが、友人が私のために送ってくれました。

この詩でだいぶ心を穏やかにすることができました。
もう苦しまなくていいんだと思うとちょっと気持ちが楽になりました。
ありがとうMちゃん。

でも何かをしていないと思い出して涙が出てきちゃいます。
供養のためにも元気を出さないといけないですね。
たくさんの楽しみと癒しをくれたはーちゃん、ありがとう☆

コメントくださってる方のところになかなか遊びに行けなくて
ごめんなさい。明日には伺いますね。
今日はあんまり眠れそうにもないけど、横になろうと思います。

明日はレポの締切も2件あるし、家を空けることも多かったので
部屋も掃除したり、洗濯したりと色々やることがいっぱい。
落ち込んでばかりもいられないので、忙しい方がいいのかな。

虹の橋で元気に走り回ってることを祈って・・・



関連記事
スポンサーサイト



* Category : 日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by CHIKO
おはようございます。
はなちゃん、天国へ。虹の橋、はじめて知りましたが、そこで元気にいて欲しいですね^^
愛するものが亡くなったとき、元気になれる人なんていませんよ。
しばらくは辛いと思いますが、自分のペースでゆっくり頑張ってね♪

* by o*hana
こんにちは~
ご心中お察しします
そ~ですか。。。
辛いですよね
私も昔10数年飼っていたいた
手乗りインコが当時入社式の朝に
亡くなりました
入社式の最中も涙が止まらなくて・・・でも、またの再会を約束して
お別れしました
また・・・会えますよね

たま~に夢に出てきてくれることがあります
元気出してくださいね

* by えり×2
おはよう。
遅くなりましたが・・・
はなちゃん天国へ行っちゃったんですね。
記事読んだらウルッとしちゃいました。
きっと天国でお友達と楽しく走り回ってると思いますよ。
元気出して下さいね。

* by smile♪
こんにちは^^
読んでいたら 涙が出てきそうになりました。
無理されないで下さいね。


コメント







管理者にだけ表示を許可する