08≪ 2020/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-11-14 (Mon)
旅行記、松島編鳴子編からの続き。

鳴子温泉のホテルをチェックアウトしたあとは
今年6月に世界遺産に登録された平泉へ。

まずは毛越寺(もうつうじ)へ。
奥州藤原氏の時代に仏の世界、浄土を地上に表現したと
伝わる浄土庭園です。

歴史詳しくないので説明できません。(笑)詳しくは→毛越寺

P1010771 - コピー

一番栄えていたときには、40もの堂塔があったとか…
火事でほとんどが焼失してしまったそうですが、
当時は中尊寺をしのぐ規模だったんだそうです。


こちらは本堂(復元)
P1010773 - コピー


とっても大きな池があって、その周りに堂塔の跡がいくつか
ありました。
P1010793 - コピー

この池、大泉が池を中心とする浄土庭園と平安時代の伽藍遺構は
ほぼ完全な状態で保存されているんだそうです。

建物が残っていたら、すごいところだっただろうな~。

ちょうど紅葉のシーズン+お天気もよかったので、
もみじ狩りには最適。
P1010780 - コピー P1010779 - コピー
P1010792 - コピー P1010785 - コピー


のんびり一周したあとは、中尊寺へ向かいます。
中尊寺は、歴史で出てきたので名前だけは知ってました(笑)

P1010795 - コピー

この中尊寺まで歩いていくのが、ほんとしんどかった。
急な登り坂をかなりの距離歩くんです。
日頃、ほとんど運動していない私にはきつかった(笑)
かなりお年を召された方もがんばって歩いているのに
情けない・・・。

さすが世界遺産、たくさんの人が観光にきてて、誰も写らないように
写真を撮るのが無理な状態(汗)

P1010797 - コピー

そして「お~TVで見たことある!!」と思わず言ってしまった
金色堂につながる階段。
P1010804 - コピー

金色堂はこの建物の中にあるのですが、撮影はNGでした。
1124年に建立された金色堂。
きんきらき~んでほんとゴージャス。きらびやか。
館内を流れる説明を聞きながら、美しさにうっとり。

歴史も仏教のこともほんとうといので、世界遺産というだけで
ミーハー気分で来てしまいましたが、争いの絶えなかった時代の後
平和を願って作られた数々のものを見られて、少しだけ日本人の心
みたいなものを見れたような気がします。

中尊寺周辺も紅葉がとってもきれいでしたよ。





きつい上り坂を上がっていくにつれて、きれいな紅葉も
楽しめるようになってきて、癒されました。

P1010799 - コピー

P1010801 - コピー

P1010803 - コピー (2)

次回来るときには、もう少しお勉強してから来たいな(笑)




関連記事
スポンサーサイト



Theme : 国内旅行記 * Genre : 旅行 * Category : 日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する